カレ研スタッフブログ

花や自然の写真をみるだけでストレス軽減効果あり!ならば花や自然の写真を使ってカレンダーを作ろう!

2022年4月6日

今回は、花や自然の写真を見ることで、ストレスが緩和されるので、オフィスやご自宅に花や自然いっぱいの写真を使ったカレンダーを飾りましょうというお話です。

コロナで自宅にいる時間が多い為、ストレスが溜まりがちになりますよね。
そんな今だからこそ身の回りを自然いっぱいの写真にしてカレ研のカレンダーでストレス軽減しちゃいましょう!

花、緑などの自然とのふれあいでストレスが軽減する

スマホなしで20~30分自然と触れ合うことでストレスから体を守るホルモンであるコルチゾールが1時間で21.3%減少したという研究結果があります。この研究は臨床研究から認知科学などの記事を紹介するメディアFrontiers in Psychologyでミシガン大学のMaryCarol Hunter博士が発表しました。(参考URL https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2019.00722/full

コルチゾールとは副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンで、ストレスから体を守る時や糖利用の調整、炎症を抑えたり、血圧を通常状態に保つのに欠かせないホルモンです。ですが、コルチゾールが多く分泌される状態が長期的に続くと記憶に関わる海馬が委縮することが知られています。

コルチゾールは少しの刺激で分泌が上がったり下がったりします。なので、工夫次第でストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を抑えることができます(病気の方を除く)

写真を見るだけでもストレス軽減効果がある

こんな研究結果があります。不快な画像を見た後に花の画像を見ただけで21%ストレスホルモンのコルチゾールが減少しました。

 

実験参加者に不快な画像を見せて心的ストレスを負荷し、その後、花の画像を見せたところ、不快な画像によって生じたネガティブな情動(恐怖や嫌悪感)が減少してポジティブに転じました。さらに、上昇していた血圧は3.4%低下し、その低下幅は花以外の画像を見せた時に比べて有意に大きなものでした。また、ストレスによって上昇するホルモンの値は花の画像によって21%低下することが確認されました。

(研究成果) 花の観賞は心身のストレスを緩和するより引用

 

自然の中に行かなくても画像を見ただけでストレス軽減できるならお手軽に取り入れることができます
ならば、カレンダーの画像に自然や花をふんだんに取り入れたカレンダーを飾れば21%もストレスが軽減されるのではないでしょうか。例えば、自然の中で撮った家族写真を撮り入れれば、自然癒し効果+子供の可愛いお顔が見れて一石二鳥ではないでしょうか。

カレンダーを作るときにはぜひお花や自然、山などの景色が盛り込まれた画像を選んでオリジナルカレンダーを制作してみてくださいね!今回は自然の写真多めでお送りいたしました(^^)/

ただ今、初回限定40%OFFクーポン配布中です。お1人様1回1冊のみ40%OFFでカレンダーが作れちゃいます!!ぜひクーポンを使ってみてくださいね(*^^*)


  • この記事を書いた人
    モガ
    オンデマンド印刷サービス運営に10年以上関わる。サービス運営全般の業務を担当している。
    ウェブディレクター/コーダー/デザイナー